サプリメントに頼りすぎるな?|ニュートリショニズムつづき

iHerbセール情報

/スーパーセール 最大60%オフ!

今週のブランドはこちら 最大20%オフ

プロバイオティクス、食物繊維など 最大50%オフ
NMN 50%オフ
Ultamins 50%オフ
シートマスク&角質ケア 20%オフ
〇コード「NEW25JP」の入力で初回購入者は20%オフここから購入
〇2回目以降の注文でも60ドル以上購入の際は「GOLD60」の利用で10%オフ→ここから購入
2回目以降の購入者も「ARY3280」の入力で追加5%オフ(リンクはコードは入力済み)
〇2回目以降の購入者でも上記コードの入力でiHerbプライベートブランドの製品は10%オフ!
 

内容はnoteで投稿したものと同じです。

note(ノート)

こんにちは、ユウ(Twitter:@supps-jiten)と申します。 自身が理系の大学院卒であることからもわかるよ…

この記事の続編なので、まだこの記事を読んでない方はまずこちらの記事を一読されることをおすすめします。

ひろゆきが良さげな事を言っていた件

なにかと最近賛否両論巻き起こしているひろゆき氏ですが、先日、最近話題のひろゆきの切り抜きチャンネルを見ていたところ、ひろゆきさんが結構いいことを言っていたので紹介したいと思います。

切り抜き動画もありますが要約すると

質問①:ひろゆきさんが健康に気をつけていることはありますか

回答:野菜果物を多く食べる

質問②:サプリメントじゃダメなんですか

回答:人間が必要としている栄養素の全てを人間が理解できるほど人間は賢くないと思っています。例えば鉄や亜鉛などの金属が人間の体にとって必要ということが分かったのはごく最近のことです。ビタミンK自体も発見されたのは戦後の話です。なので私は人間の体にとってこれ必要だよねという成分が現時点で全て理解されているとは思っていません。なので色んな食べ物を食べて幅広い栄養素を摂るのが正しいと考えています。実際に人間の血液の中にはカドミウムが微量含まれています。カドニウムが有毒と言われています。そんな感じで人間の体にとって何が必要なのかってはっきりとわかってないわけです。

このひろゆきさんの主張にすごく同意しました。もうそれはそれは首がちぎれるんじゃないかっていうほど首を縦に振りました。

以前、ニュートリショニズムの話をしましたがひろゆきさんが言っている話もこれに通じます。

ニュートリショニズムとは陥ってはならない「栄養主義」とされる考え方のことです。詳しくは以前の記事に書いたのでご覧ください。

栄養素の相互作用を無視してはならない

私がニュートリショニズムに陥るべきでないと考えている最も大きな理由が「栄養素を栄養素単体だけで考えて他の栄養素が蔑ろになる」からです。

また栄養素同士の相互作用などもこの考え方では無視されてしまいます。

例えば、ビタミンCには肌を白くしたり、コラーゲンを作ったり、免疫を上げたりという効果がありますが、これはビタミンEとの相互作用があってこそ成せる技です。

ビタミンCとビタミンEにはどちらにも抗酸化作用がありますが、ビタミンEは体内で発生する活性酸素の働きを弱め自らが参加すると効力を失ってしまいます。

この時ビタミンEを再び活性化させるのがビタミンCなのです。

また少し栄養学に詳しい方はご存知かと思いますが、フェントン反応を防ぐという意味においてもビタミンCとビタミンEは両方摂取することが推奨されます。

体内に活性酸素が多い状態でビタミンCを取ってしまうとその活性酸素は過酸化水素に化け、さらにヒドロキシラジカルと呼ばれる最凶の活性酸素になってしまうのです。

それを防ぐのがビタミンEです。

つまりビタミンCとビタミンEはお互いに助け合って作用していることになります。

それなのに栄養素単体でしか見ることができないニュートリショニズム的な考え方に陥ってしまうとビタミンCだけを大量に摂ったり、ビタミンEだけを大量に摂ったり、さらにはビタミンC、ビタミンEそれぞれの働きだけに着目してしまい、このような栄養素同士のつながりといった観点が欠如してしまいます。

今回はビタミンCとビタミンEを例にあげましたが、これ以外にも様々な栄養素の相互作用の例があります。

未発見の栄養素Xの可能性

また、ひろゆきさんのおっしゃっていたように人類がまだ発見できていない栄養素X(エックス)や相互作用も多数あるでしょう。

これらは今後の研究によってどんどん見つかっていくかもしれません。

世の中には果物や野菜に含まれているけれどもまだ人間が発見できていない栄養素Xがあるかもしれません。

にも関わらず人間が知ることのできている栄養素だけが含まれたサプリメントに頼っていてこのような栄養素Xを摂取することができません。

例えばりんご100gをできるだけ細かく分解して行ったとしましょう。水分が80g、ビタミンBが○○㎎、ビタミンCが○○㎎・・・といったふうに分解していきます。

完全に100.00gとなるまで分解できれば良いのですがおそらくそうはならないでしょう。

人間がまだ分離不可能な栄養素、知らない栄養素、名前もない栄養素がリンゴには含まれているかもしれません。それがここでいう栄養素Xです。

もしこのような栄養素Xが数十年後に発見され寿命を延ばす効果があると判明したとしましょう。

サプリメントばかりを摂っている人はこの栄養素Xを摂取することができていません。(サプリには人間が知っている栄養素しか含まれてないからです)

しかし、様々な野菜・果物をいろんな種類食べている人は少なからずこの栄養素Xが摂取できていることになります。

数十年後に悔しい思いをしたくないですよね。だからこそ私は今のうちからできるだけ多くの種類の野菜や果物を食べて行くべきだと考えています。

先ほどの動画の最後でひろゆきさんが面白いことをおっしゃっていました。

ひろゆきさんはとりあえず八百屋に行って、見たことのないフルーツや野菜があったら買って食べてみる。という自分ルールを課しているそうです。そうすることによってより多くの栄養素を摂取するようにしているとのことでした。

かなり面白いやり方なので私も真似してみようと思います。

余談になりますが、最近私は栄養素の量よりも栄養素の種類の豊富さによって人間の体調は左右されるのではないかと考え始めました。

というのも1種類のマルチビタミン&ミネラルのサプリメントを飲んでいる時よりも複数種類のマルチビタミンを気分によって使い分けたり1日おきに違うのを飲んだりしている時の方が調子がいいからです。是非皆さんも真似してみてください。

ちなみに、私はtwo per dayとライフフォースを1日おきに使い分けています。

 

 

※追記

この記事でも書きましたが、Ultaminsというマルチビタミンに切り替えると体調がかなり良くなりました。

Ultaminsは自然にある食物(野菜、キノコなど)のブレンドから抽出されている成分が多く、単体の栄養素の含有量がわかりにくいのですが、自然界のバランスを大事にしているからこそ相互作用が発揮されて、体感が良かったのかもしれませんね。

関連記事

このページを読むとわかること・iHerbで購入できるオススメのマルチビタミン&ミネラルを4つ紹介・基本的にはやはり値段が高いほど優秀・安いマルチビタミン&ミネラルを買って、他のビタミンを単体で足すのも賢い方法[…]

各マルチビタミン&ミネラルの比較
iHerbの商品はすべて紹介コード「ARY3280」の利用で5%オフになります。
もちろん記事中で紹介した商品も対象!こちらのリンクからご購入ください↓↓