ダイエットの鍵はベータ受容体!(話題のEGCgやヨヒンベも!)

iHerbセール情報

/スーパーセール 最大60%オフ!

今週のブランドはこちら 最大20%オフ

プロバイオティクス、食物繊維など 最大50%オフ
NMN 50%オフ
Ultamins 50%オフ
シートマスク&角質ケア 20%オフ
〇コード「NEW25JP」の入力で初回購入者は20%オフここから購入
〇2回目以降の注文でも60ドル以上購入の際は「GOLD60」の利用で10%オフ→ここから購入
2回目以降の購入者も「ARY3280」の入力で追加5%オフ(リンクはコードは入力済み)
〇2回目以降の購入者でも上記コードの入力でiHerbプライベートブランドの製品は10%オフ!
 

このページを読むとわかること

・アドレナリン受容体にはα受容体とβ受容体の2種類がある

・α受容体は体脂肪の分解を抑制する

・β受容体は体脂肪の分解を促進する

・頑固な脂肪が付く箇所にはα受容体が多い

・α受容体の活性を下げるサプリメントが効果的

頑固な脂肪にはアルファ受容体がつきまとう

人間の体には2種類のアドレナリン受容体があります。

1つがα受容体もう1つがβ受容体です。

α受容体は脂肪細胞の分解を抑制しβ受容体は脂肪細胞の分解を促進します。すなわち、α受容体が多い部位は脂肪が落ちにくく頑固な脂肪となってつきまとってくるのです。

実際に脂肪が乗りやすい二の腕やお尻お腹周りにはα受容体が多いことが分かっています。このような頑固な脂肪を取り除くにはα受容体の働きを抑制しβ受容体を増やすようなサプリメントや食品を摂るのが効果的です。 

ここでは具体的にα受容体の活性を下げるようなサプリメントを紹介します。

β受容体を増やす成分

カプサイシン

カプサイシンは唐辛子に含まれる辛み成分で体温を上げる働きがあります。

これは脂肪放出ホルモンを増やすことによって脂肪減少や代謝の向上を促します。

iHerbでは「カイエン」もしくは「カイエンペッパー」と言う名前で販売されています。このカイエンペッパーの中に含まれる辛み成分がカプサイシンです。

刺激物なので空腹時に飲むと胃を痛める危険性があります。

私は飲んだ後に胃のムカつきや吐き気を感じることがありました。使用される際はレビューをよく読んで自己責任でお願いします。

口コミ

とても素晴らしい|カイエンペッパー now foods一日3回食後に飲み始めてすぐに効果が出ました。 体がポカポカ暖かく、とても快調です。 今までもお通じは毎日ありましたが、トイレに時間がかなりかかり、プロテインを毎日2回飲んでいるせいか、おならが非常に臭く 常にお腹にガスが溜まっている感じでしたので、乳酸菌やイヌリンを毎日飲んでいましたが、全く改善されませんでした。 しかしこれを飲み始めると全て改善されました。 私にはこれがあっているみたいです。


空腹時には厳禁|カイエンペッパー now foods
パラサイトクレンズのために食後に飲んでいます。本当は空腹時に飲みたいところなのですが、一度試しに飲んだところ胃なのかお腹なのかすごい激痛で苦しみました。それ以降は、食後に飲むようにしています。

 

ヨヒンベ(ヨヒンビン)とも

ヨヒンベはα受容体の数を減らすほとんど唯一と言っても良いサプリメントです。

最後に残るお腹周りや二の腕の頑固な脂肪を落としたいなら真っ先に摂取することを考えるべきサプリメントでしょう。

しかしながら、カプサイシンもヨヒンビンも両方刺激物の一種です。

飲んだ際に気分の悪さや胸焼けを起こす可能性が高いので摂取する際は最小容量のものから始め様子を見ながら増やしていくことを勧めます。ヨヒンビンの場合は体重1kgあたり0.2㎎が推奨されていますが、安全のためにこれより少ない容量から始め体の反応を見ながら増やしていくようにしましょう。

私の場合、ヨヒンベは胸焼けや吐き気のようなものを催すことはありませんでしたが、カプサイシンのサプリメントはだめでした。

ヨヒンビンは激しい運動よりも有酸素運動時に飲んだ方が効果があり、糖質が吸収を妨げるので最後の糖質を摂った時間から4時間以上空けて飲んだ方が効果的だとも言われていますが、胃腸への刺激が怖いのでこれも各人で様子を見ながら飲み方は調整してください。
口コミ

3つ使い切った感想|ヨヒンビン、Primaforce
NATROLのヨヒンベを使っていましたが、副作用が無くなるまで1or2週間使わないといけないのに対して、こちらは血糖値を上げるとすぐ頻脈の副作用が消えてくれるので、胸のむかつきも無くいい感じです


素晴らしい|ヨヒンビン、Primaforce
朝の空腹時の有酸素運動前に最高です。 2週間辺りから効果がかなりでてきます。 リピしました。 特に腰の落ちにくいところが 全然変わります。 これからの減量には欠かせないです。

緑茶抽出物(EGCg)

緑茶抽出物も同様に代謝を高め脂肪燃焼に繋がることが分かっています。

緑茶抽出物とはすなわち茶カテキンのことです。そのためダイエット中の飲み物としては緑茶が最もおすすめです。緑茶にはカフェインも含まれています。カフェイン後ほど紹介するようにダイエットには切っても切り離せない有効な成分です。

茶カテキンには4種類あります。 エピカテキン、エピガロカテキン、エピカテキンガレート、エピガロカテキンガレートです。

この中で最も抗酸化作用が強くダイエットにも向いていると言われているのが一番最後に出てきたエピガロカテキンガレート(EGCg)です。

ダイエットにEGCgを使おうとすると1日500㎎以上取る必要があるのですが、これをお茶で摂ろうとすると湯のみ10杯以上飲む必要があります。

そのためEGCgをダイエットで使う際はサプリメントとして摂取するのがお勧めです。いくらお茶が好きと言っても緑茶を10杯も飲むとカフェイン過剰になってしまいます。

ちなみにカテキンは熱湯よりも80度くらいの温度で最も多く抽出されるので、気にされる場合は少し冷ましたお湯でお茶を入れるようにすると良いでしょう。その代わり茶カテキンはお茶の渋み成分でもあるのでかなり渋いお茶になります。

また、EGCgは亜鉛イノオフォアとしても知られています。

イノオフォアとは吸収を高めてくれる物質の事。つまり、EGCgは亜鉛の吸収率を高めてくれます。亜鉛は吸収率が著しく低いミネラルとして知られていますので亜鉛の吸収率の問題を解決するのはEGCgもしくはもう1つの亜鉛イノオフォアであるケルセチンがオススメです。

ケルセチンは玉ねぎの皮に多く含まれています。

Now Foods, 没食子酸エピガロカテキン、緑茶エキス、400mg、ベジカプセル90粒

カフェイン

先ほど少し紹介しましたがカフェインもダイエットには有効です。

カフェインは脂肪細胞と結びつき脂肪分解を高めます。 体脂肪が燃焼される場合はまず体脂肪を遊離脂肪酸といったものに分解する必要があるのですがこの過程でカフェインは活躍します。

また、コーヒークロロゲン酸にも脂肪燃焼効果があることが分かっており、コーヒー自体に高い抗酸化作用が認められているためカフェインに関してはサプリメントよりもコーヒーを飲むことをお勧めします。しかし、砂糖やミルクを入れてしまえばそこでカロリー摂取につながってしまうので必ずブラックで飲むようにしましょう。ブラックが苦手な方はサプリメントを使うのもありです。

共益リノール酸 CLA

CLAは脂肪を蓄積する酵素であるリポタンパク質リパーゼの働きを阻害するため脂肪が蓄積されずに燃焼されやすくなります。またCLAは強力な抗炎症剤でもあり、ダイエット中の健康全般や関節の炎症を改善します。

Now Foods, CLA, 800 mg, 180ソフトゼリー

カフェインやヨヒンビン、カプサイシンといった刺激物が苦手な方のために非刺激性のファットバーナーであるリーンモードについてこのサイトで紹介しています。

ここで述べたようにヨヒンビンやカフェインは脂肪燃焼効果もあるためほとんどのダイエット系サプリに含まれている成分です。しかしながらカフェイン耐性が低い方や夜にサプリメントを飲む方の場合、これらを飲んでしまうと睡眠を阻害しかねません。そのため非刺激性のファットバーナーが少ないながらも販売されています。

それらの中でも私がおすすめしているリーンモードは CLA、カルニチン、ガルシニア、グリーンコーヒー豆エキス、EGCgといった体脂肪に様々な角度から働きかける成分がオールインワンになっており値段もそれほど高くないため私自身も愛用しています。

ファットバーナーは運動前に飲むのが効果的なのですが、私は夜に筋トレするため筋トレの前に刺激性のファットバーナーを飲んでしまうと夜眠れなくなってしまいます。そのためこのような場合にリーンモードが活躍します。 

EVLution Nutrition, LeanMode(リーンモード)、ベジカプセル150粒
参考記事
iHerbの商品はすべて紹介コード「ARY3280」の利用で5%オフになります。
もちろん記事中で紹介した商品も対象!こちらのリンクからご購入ください↓↓